私の説明を裏付けるWikipediaの説明


集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害者がマイクロ波遠隔通信技術を使って、行動管理、攻撃などをするために使用しているのがRFIDチップであることを説明してきました。

RFIDについて、Wikipediaで説明されていることは、私が証明してきたことに全て合致します。

RFID(英: radio frequency identifier)とは、ID情報を埋め込んだRFタグから、電磁界や電波などを用いた近距離(周波数帯によって数cm~数m)の無線通信によって情報をやりとりするもの、および技術全般を指す。 従来のRFタグは、複数の電子素子が乗った回路基板で構成されていたが、近年、小さなワンチップのIC (集積回路)で実現できるようになってきた.​。

135kHzのタグは、もっとも歴史的に長く使われており、日本でも1950年に高周波利用設備として法制化されている。通信可能距離が数十cm前後と短く、回転寿司や社員食堂の自動精算・スキー場のリフト券、自動車のイモビライザーキーなど。2009年にIEEEの規格化がなされ、5m以上の通信距離を持っているものも存在し、水中や土中などとの通信。

※電柱、路上に設置されているICチップの確認をしたビデオをアップしています。

見えなくても読める

RFタグが目に見えない隠れた位置にあっても、タグ表面がホコリ、泥などで汚れていても読み取り可能である。このため、バーコードよりも広い用途が期待される。

※壁、キッチン収納の扉などに隠されたICチップの映像をアップしています。

プレゼンス管理

人が今どこに居るのかという情報を、プレゼンス情報と言い、今後のビジネスで重要視されている。人がRFタグを常時携帯することにより、今は会議室、今は本人の机、今は外出中、といった情報を、仕事仲間が瞬時に把握できるようになる

※室内にいるときの状態を把握される。外出しても把握されるから見知らぬ人が近寄ってくることを説明しています。

センサーネットワーク

センサーを様々な場所に取り付けて、そこから包括的な全体情報を抽出して、意味のあるデータを得ようという試みが進行中である(データマイニング、コンテキストアウェアネスも参照)。例えば、タクシーのワイパーが動いていると反応するセンサーからの情報をたくさん集めると、都市内の詳細な降雨情報が得られる。

※公道、高速道、交通機関の駅構内、電車内、商業ビル、など全国中にICチップが設置されていることを説明し、それらの写真を掲載しています。

全国何処に行っても行動を把握されているのは、既にICチップが設置されているからです。

流通

サプライチェーン・マネジメント (SCM : Supply Chain Management) で期待されている。工場で生産した段階で製品にタグを貼り付け、その後の配送ルートで物品の動きを追跡するという用途である。

履歴管理

RFタグには書き込みが可能なので、物品の流通過程で、その物がどこを通って、どういう加工をされて、どこに出荷されたか、といった履歴情報を、移動、加工の都度、記録すること(トレーサビリティ)が実現できる。

物品管理

図書館やビデオライブラリーなど、物品が大量にあって、それを管理する必要がある場所での利用が期待されている。いつ、どこで、だれが、その物品をどこへ移動させたかを自動的に認識できるようになる可能性がある

※ターゲットの全ての所有物にICチップが設置されているので、ターゲットが何を何処に移動させた? 何を持っている。何をしているなどの詳細をリアルタイムで把握されているこを説明しています。それは、流通、履歴、物品管理の応用でできます。

次に画像認識、音声認識、ジェスチャー認識のAIを使って攻撃されている。

静電容量センサーが使われていることを説明しています。

これらから、顔認証システム、GPSなどよりも確実かつリアルタイムで管理されているのです

#RFIDチップ #テクノロジー犯罪 #集団ストーカー

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

© 2023 b著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now