国家権力を悪用する公務員とその一味を告発

 
  • ​偽装裁判

    裁判って、法の支配下のもとで中立公正な立場で問題を解決する所だと思っていました。ところが、実態は、権力を行使できる場を悪用する所だったのです。 筋書きは、ターゲットを裁判所に誘い込み、裁判をしているように見せかけ、違法判決文を書いた裁判官の署名押印がない書類を判決書だと偽って当事者を騙していたのです。

     

    赤信号皆で渡れば怖くないを実践しているので全ての裁判所、弁護士、警察官、検察官は、公文書だと言って事件を隠蔽されました。

    だから、彼等のターゲットにされると事件を解決するどころか泣き寝入りするしか選択肢がありません。 

     

    これって、まともな国じゃないですよね。権力を行使できる立場にいる犯人に不正を指摘すると隠蔽されるどころか抹殺される可能性を排除できません。それを感じるのが集団ストーカー・テクノロジー犯罪です。 

  • ​保険会社の不正

    生命保険代理業を1985年からしておりました。保障内容と現実がマッチしていないことが少なくないことに気づき、それらをまとめて「医療保険のからくり」というタイトルで出版しました。契約者に対する不払い、代理店に対する不払いなど不払いが前提になっていると思いました。保険商品の許認可など保険会社の監督官庁は金融庁。不払いを容認していると思われます。

     

  • T I&Electric Harassment​

    集団ストーカー・テクノロジー犯罪とは

    個人に対して、集団で四六時中の付きまとい、嫌がらせ、音声送信、電磁波、異臭攻撃、液体混入などを仕掛けて精神異常者にしたてたり、自殺に追い込む犯罪行為。これらは、システム化されており組織的犯罪です。

    政府による個人の政治的・社会的な抹殺から企業のリストラまで

    たいそうなことを言っていますが、簡単に言えば、彼等にとって都合悪いと思われる人物や 役人・企業に逆らう人物の政治的・社会的な抹殺を目的とする行政機関に族する者達の裏の顔。

  • ニュース・ブログ

     裁判で不正された方、保険の不払い、集団ストーカー・テクノロジー犯罪関係を取り上げていきます。 

  • ​被害者交流

    •  偽装裁判をされた方

    • 保険の不払いをされた方

    • 集団ストーカー/テクノロジー犯罪の被害を受けている方

    情報交換、対応策、周知活動などで問題を解決できるように皆で力を合わせて頑張りましょう

     

    ​被害者と確認できた方だけにパスワードを開示 

  • ​相談・参加

     このホームページに記載していることに直接の関係があることに対してのなやみや現状確認、対策などの相談。

    被害者同士で情報交換、周知活動などに参加希望の方

     

    お気軽にご連絡して下さい。

    ​無料 

  • ​管理者自己紹介

    1985年4月アリコジャパン(現メットライフ生命)入社

    AIGグループ4年に一度の世界大会でナンバーワン

    1997​年~1990年

    1991年2月代理店に移行

    医療保険のからくり本出版

    2000年9月、アイエヌジー生命(現エヌエヌ生命)から手数料返還請求。

    ​裁判で署名押印がない書類が判決書だと嘘でイカサマされ、財産、信用、仕事の全てを騙しとられる。さらに、偽造判決書を作成した弁護士に自首を迫ると、反対に警官と組んで名誉毀損のえん罪を着せられました。そして、今は彼等にとって都合悪い人物として扱われることに。

 
 
 
 
 
  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

© 2023 b著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now