電柱や路上にICチップの目的は国民監視


電柱と路上に設置されているICチップを立証するために確認しました。 電柱に汚れかキズに見えるのがICタグ。 ます、ライトペンでピンポイントでICチップが設置されているところの確認できました。 次に路上に設置されているICチップから電波が発信されていることを確認しました。 今や、全国至る所の電柱や路上にICチップが設置されています。 この目的は国民監視であったり、集団ストーカーやテクノロジー犯罪のターゲットの行動を把握することであったり、移動先で攻撃するために仲間に知らせるためであったりすることが目的だと思います。 ターゲットの全ての所有物にICチップが隠し設置されているのは、 ターゲットであることを間違いなく把握できることと、 ターゲットにだけ間違いなく攻撃することができるからです。 顔認証はカメラがない所では把握できません。 さらに、一般人がターゲットだと把握するために 顔認証だとそれが簡単に漏れる恐れがあり その証拠を押さえられると責任問題が生じるため そのような発覚の可能性があることは使われないと思います。 また、室内での行動を把握できません。 GPSで補うことも考えられますが、 GPS管理は、発信機をターゲットが常に持っていなければ把握できません。 また、発信する電力が必要です。 室内の移動、行動をGPS発信機を持っていなければ把握できません。 これらの問題を全て補えることができて、確実に把握できるのは ICチップによる管理です。 そのために、今や全国至る所にICチップが設置されているのです。 実際、私の部屋では居所を把握するためにセンサーで確認されています。 そのセンサー音(マナーモードの振動音に似ている)が聞こえます。 ​ICチップが室内に設置されていることを確認できるのは、 RFチップを探すことと電波が発信している確認、 磁界が作られていることなどでできます。 これら、一連のことが全て繋がる証明をこれまでしてきました。 加害者が加害行動をしていることを立証できないと思っているハズ。 ところが、これらのICチップが設置されていることを確認し 証明できれば、加害行動を立証できるのです。 被害者の皆様 ICチップの確認をして証拠を揃えましょう。

#テクノロジー犯罪 #集団ストーカー #RFIDチップ #ICチップ #電柱 #路上 #国民監視

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

© 2023 b著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now