室内の行動を監視する特殊映像


絶妙のタイミングで攻撃される! 何故できるのか理解できずにいたと思われます。 それができる根拠となる映像が映っていました。 室内に設置されたセンサーが反応した場所の映像を外の何処かに映し出されているようです。 この映像は、私が母宅に避難しているときに、加害者が攻撃してくるのでなんとか捕まえようと思ってビデオ撮影している中に映っていました。 それまでにも、移動すると外で警報が聞こえていたので音で対処していると思っていましたが、音と映像で対処していることが分かりました。 室内の至る所にセンサーが設置されており、そのセンサーが反応した所の映像を映していると思われます。 センサーは、極小パウダーチップ。目視では分からないほど小さくて粘土状なのでセンサーだと気付かないのです。 外出中に部屋に侵入されるのは、これらのセンサーを設置するためです。センサーは、音、ジェスチャー、画像認識もできるようです。 だから、キズに見える模様が画像認識して攻撃するタグ。 音で認識して攻撃する、外出先では、ジェスチャー認識で攻撃されるのです。 これが、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害者が使っているものです。 これで、居所を確実に把握し個人を特定して攻撃できるのです。 今まで、謎めいた説明で核心をはぐらかされていたと思われることを解明できたと思います。

#テクノロジー犯罪 #集団ストーカー #ICチップ #RFIDチップ #マイクロ波通信技術

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

© 2023 b著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now