ICチップを隠し設置の目的は加害行為を遠隔でするため


集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害者が攻撃に使っている技術。 近接無線通信を使って、人の行動を把握したり、マイクロ波をパルス波に変換してエネルギーを運ぶことができる技術を使い、異臭若しくは異物の微粒子を集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者攻撃に使っている。 加害者の言い分は、ICチップの存在は知らない。攻撃をしていることに対しては、証拠は?そんな事実はない。このようなことで誤魔化されます。 それは、無線通信技術を使い、音声やジェスチャー、画像認識機能を使っているため、加害行為を立証できないと思っていること。 しかし、加害行為をするためには ICチップを使っていることから、それらの設置をしている証明、加害行為の状況を記録すること、その時にいる人物の特定などのデータを積み重ねることで、言い逃れができない状況証拠が揃うと思っています。 その根幹になる極小パウダーチップを全国至る所に隠し設置している。被害者宅内にも攻撃のために設置している。被害者が外出中に無断侵入し被害者の全ての所有物にもICチップを隠し設置している。 その隠しICチップが設置されていると思われる所、及びICチップであることを確認する方法を説明するビデオです。 ビデオの目的は 被害者にされると、外出した先々でストーカー行為を受ける、差別を受ける、異臭、異物の微粒子攻撃を受けるなどが繰り返されていることから、これらの行為は人権侵害及び傷害罪、自宅侵入罪、器物破損罪などの罪にあたると思われるからです。

#ワイヤレスセンサーネットワーク #RFIDチップ #テクノロジー犯罪 #ICチップ #RFチップ

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

© 2023 b著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now