顔認証が集ストに使われていると思う人に反論してもらいたい


顔認証システムについて 前提条件で解釈が異なります。 A)防犯カメラが外部に接続されていない。 B)防犯カメラが外部に接続されている。 ※集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害内容は  全国で共通している。 行動は、何処に行っても把握されていること。 つまり、全国何処でも行動を把握するには、 監視機関は1つ。 1)防犯カメラの回線が全国で全てが繋がっている。 2)防犯カメラの回線が繋がっていないのに全国何処でも把握される場合 ・監視機関から監視対象の顔写真を全国に配布されている ・それぞれの防犯カメラの監視範囲で捕捉する。 1)2)のいずれかを満たしていないと顔認証システムで行動を把握することは不可能です。 問題点 1)は、あり得ない。民間が設置している防犯カメラは外部に接続されていない。 2) ・特定人物の顔を配布するのだから、その情報が外部に漏れる可能性が高くなる。 ・犯罪者でもない者の顔写真が配布され使われていることが発覚すると運用できなくなる。 ・犯罪人、指名手配されていない人物を民間の管理人に顔写真を配布できない。 結論は、集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者を 顔認証システムで運用されていると判断できがたい。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害者の話では 何処に行っても、行動を捕捉されていて 見知らぬ人が近寄ってくる。 常に行動が把握されているのです。 もし、顔認証システムが使われているなら 刑務所から脱走した犯人がなかなか捕まらない。 病院から脱走した犯人が捕まらない。 のは何故? 犯罪者は顔を登録されているのだから 即把握できるハズ。 それができていないことから顔認証システムで リアルタイムの把握はできない。 ・防犯カメラは、後日検証で確認するために使われていることが多い。 ・防犯キーとして、指紋認証、顔認証などで入室管理などの他  定点管理としては有効である。 これらを踏まえて私は集団ストーカー・テクノロジー犯罪には 顔認証システムは使われていないと判断しています。 もし、私の知識不足で判断が間違っているなら 指摘して下さいね。 防犯カメラ、顔認証などで売られているのは 個人がカメラを設置し、個人が不審と思う人物を勝手に不審者として扱い そのカメラにその不審者が映ると報知する仕組みのことだと思われます。 それが、不審者として扱うのか、家族として扱うのか個人的な問題です。 自分が不審者と思っている人が家にくると 不審者として反応するのと同じことです。

その不審者情報が外部からの情報であり、それが外部と繋がっていて外部から自由に監視できるなら顔認証システムと言えます。しかし、現実はそんなことはないハズ。

#テクノロジー犯罪 #国民監視 #集団ストーカー #防犯カメラ #顔認証

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

© 2023 b著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now