• Admin

Ocat 大阪難波に設置されている極小チップの目的は?国民監視、電磁波攻撃?


大阪難波 Ocatに設置されている極小パウダーチップの確認。 通路、エレベーター、飲食店内、トイレなどあらゆる場所に設置されている。この目的は、国民監視、電磁波攻撃を否定できないと思われます。 今回、電波計測したのは、会議室と受付カウンターです。 受付カウンターの角部分に黒い粒状の汚れにみえるのが極小パウダーチップタグ。 こんなので何もできないと判断されるので、うまく誤魔化されます。このチップの性能を知ることが重要です。2007年に日立が開発した極小パウダーチップは、ごま粒状のミューチップの64倍小さくて、粘土状なのでICチップだと思う人がいないのです。これで128ビットの記録容量があり、センサー、ジェスチャー認識、画像認識、音認識ができるようです。 会議室の受付カウンター、会議室内のチップから電波確認できました。後は、リーダライタで書き込みされている情報を読み取りし指示内容を確認できれば完璧だと思われます。

#大阪市役所 #Ocat #テクノロジー犯罪 #集団ストーカー #RFIDチップ #電磁波

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

© 2023 b著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now