集団ストーカー・テクノロジー犯罪 加害者の車の特徴


集団ストーカー・テクノロジー犯罪の加害者の車の特徴は 後部の窓にRFIDタグが書き込みされている。

それを確認できたら、まず、写真を撮る(全体の周囲の景色が分かる、窓に書き込まれているICタグ)、運転手、同行者、作業現場など)記録しておくと良い。 全ての証拠が確定するまで、個人を特定するものは、公表しないこと。顔、ナンバー 目的は、ターゲット(被害者)の家の前に止めて、作業をしている振りをしながら 攻撃の準備をし、仕込みが終わると最後に衝撃音1回で攻撃のスイッチが入り 電磁波、異臭、異物などで攻撃されます。 その為には、車に仕込んでいるICチップとターゲットの家に仕込んでいるICチップが 交信できる距離の範囲内に車が停車されます。目安は3m~5m以内 主に、建築関係の車両、電気工事車両に多い。 私が母宅に集団ストーカー・テクノロジー犯罪から避難していた時 電気保安協会に似た名前の団体名が入った車でやってきたのですが その車両が通過した時に、車の下から液体が落とされていました。 3ヶ所同時に液体を落とされていて二等辺三角形の模様になるように なっていました。それが30cm前後の間隔で落ちていました。 液体はオイル系の黒いものでしたから マイクロ波が伝わりやすいようにするためのものであったと思います。 その運転手がUターンして戻ってきた時に止めて、それを問いただすと 狼狽えて去って行きました。 すごく手の込んだことまでされます。 まるで、スパイ映画をみているような感じでした。

#テクノロジー犯罪 #マイクロ波通信技術 #電磁波 #集団ストーカー #RFIDチップ

  • facebook
  • twitter
  • youtube
  • instagram

© 2023 b著作権表示の例 - Wix.com で作成されたホームページです。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now